トップ画像.jpg
トップページ プロフィール 推薦の声 報酬一覧表 ご依頼の流れ サイトマップ
無料相談
遺言
相続
ノート
終活
おひとり様
ペット
任意後見
事業承継
民事信託
戸籍取寄せ
ROBINS掲載事業者

ROBINSシールをクリックすると
サイトの運営者がわかります。
ROBINSは
法人、団体、個人事業者の
信頼性の高い情報
を提供します。
ROBINS権限者

当事務所は
ROBINS確認者権限を
有しています
このシールは
ROBINS確認者で
あることを証するものです
エンディングノートの作成

エンディングノートはより良く生きるために必要です


   

       終活とは

         人生の終焉を考えることを通じて、

         自分をみつめ、今をよりよく

         自分らしく生きる活動のこと



                                       (一般社団法人終活カウンセラー協会による終活の定義)



「終活」 と言葉では知っていても
その定義まで ご存知の方は少ないのではないでしょうか?
では、「終活」 って
何から始めればよいのでしょうか?

そう、「エンディングノート」 を書いてみるのです
「終活」 の定義でも言っているように
「自分をみつめ」 てみるのです
「エンディングノート」 を作成することで「人生のたな卸し」 を試みるのです


終活ノート
 


「エンディングノート」 という言葉に、
何やら違和感を感じるのは 私だけでしょうか?
直訳すると「終わりかけのノート}?
もっとも、「終活」 という言葉も造語ですから
細かいことは、どうでもいいのでしょうね



書くのはむずかしい
 


「エンディングノート」 は実は書くのがむずかしいと、言われています
自分のことを書くのに、何もむずかしいことはないだろう、と思うの普通ですよね
ところが、いざ書き始めてみると、最初はさらさらと書いていけるのに、
突然ペンが進まなくなります
「人生のたな卸し」 としての側面もあるのですから、実は当然なのです
以下の調査結果にもあるように、実は「エンディングノート」 を書き上げた人は、
実にわずか2%
この現実、あなたなら どうされますか?
ノート調査結果


 


「エンディングノート」 はひとりで書くものと決め付けてはいませんか?
他人に見られては気恥ずかしいとか、一人で思い出に浸りながら書きたいとか
そう思うのは当然ですね

私が「エンディングノート」 の作成支援を依頼いただいたときに
アドバイスさせていただくのは

1.「エンディングノート」 の記入欄をすべて埋めようとしないこと
2.見せたくないところは、特に見せなくてもいい
3.財産整理は遺言書作成にもつながるので、必ずして下さい

といった点です

ひとりで書くと決めた方は、この3点は必ず守って下さい
(2.は関係ないかもしれませんね)

もちろん、上級終活カウンセラーとして 私にご依頼いただいた場合には
遺言書作成にも結びつく、そして、遺言書ではなかなか書ききれない内容等を
適切な財産整理とともに きめ細やかにアドバイスさせていただきます

ところで、「エンディングノート」「遺言書」 の違いはご理解されていますか?
下図で示しておきますので、ぜひご参考になさって下さい


遺言書との違い


メリットデメリット




終活カウンセラー上級インストラクターと動物法務士の資格を併せ持つ
国家資格者たる 行政書士 中道一成にお任せ下さい!
  <取扱業務>   <事務所案内>
 ・無料相談  ・代表挨拶・プロフィール
 ・遺言書の書き方  ・推薦の声
 ・相続手続き  ・報酬一覧表
 ・エンディングノート  ・ご依頼の流れ
 ・終活カウンセリング  
 ・おひとり様相続対策  ・サイトマップ
 ・ペットの相続  
 ・任意後見契約  
 ・事業承継  
 ・民事信託  
  
  総合サイト トップページ is7.jp

      ★アイエスセブンは貴方の街に即参上! お気軽にご相談下さい。

Copyright(C) 行政書士 中道一成 アイエスセブン法務事務所  All Rights Reserved.