トップ画像.jpg
トップページ プロフィール 推薦の声 報酬一覧表 ご依頼の流れ サイトマップ
無料相談
遺言
相続
ノート
終活
おひとり様
ペット
任意後見
事業承継
民事信託
戸籍取寄せ
ROBINS掲載事業者

ROBINSシールをクリックすると
サイトの運営者がわかります。
ROBINSは
法人、団体、個人事業者の
信頼性の高い情報
を提供します。
ROBINS権限者

当事務所は
ROBINS確認者権限を
有しています
このシールは
ROBINS確認者で
あることを証するものです
ペットを守る終活・相続対策

  家族として暮らしてきた愛するペットのために


もしもでペットは
 



■ ペットに対する相続対策はできていますか?

家族同然に共に生活してきた愛するペットは、あなたを頼りにして暮らしています
もし、あなたに何かあれば、代わりに世話をしてくれる家族や知人がおればいいのですが
そういう方がおられなければ、今のうちに対策をしておかねばなりませんね

まず、第一に思い浮かぶのが「遺言書」です
あなたの代わりに飼い主となってくれる方に、あなたの遺産を遺贈する、
いわゆる「負担付遺贈」「遺言書」にしたためます
さらに、「遺言執行者」を指定しておき、その人にあなたの意思の実現を
託しておきます

ペットは相続人になれない
 


ペットは相続人にはなれないので、ペットに直接財産を相続させる訳にはいきません
そこで、飼い主になってくれる人にあなたの財産を相続(遺贈)させるのですが
果たして、その方があなたの死後に確実にペットが天寿を全うするまで、
あなたのように思いやりを持って、養ってくれるのでしょうか?
「遺言執行者」を指定してあるから、大丈夫でしょうか?
受遺者(遺贈を受ける人)は負担付であることを理由に受取りを拒絶できますし、
「遺言執行者」自身も就任を拒絶する権利があります
また、受遺者が受け取ることを選択しても、通常は財産を先に受け取るでしょうから、
受取後、負担の履行としてあなたのペットの飼育はしてくれるかもしれません
しかし、それは愛情のかけらもない飼育かもしれません
受遺者が負担の履行をしなければ、一定の場合に負担付遺贈に係る遺言の取消しを
家庭裁判所に請求することができます
でも、取消しが決定するまでとその後新しい飼い主が見つかるまでの間
あなたの愛するペットが味わう苦しみはいかばかりでしょう

遺言だけじゃ守れない
 


あなたが亡くなった後のペットの世話を考えると
「遺言書」は絶対に必要なものです
しかし、勘違いしてはいけないのは「遺言書」だけで
すべて解決だと考えてはいけないということです

遺言だけじゃたりない


遺言だけでっか
 


あなたが亡くなった後のペットの世話だけ考えればいいのなら
「遺言書」だけで充分といえる場合もあります
しかし、「遺言書」には限界があるのです
なによりも、あなたが亡くなった後でなければ効力を発しないということ
もちろん、「遺言書」には、上のイラストで犬が指摘しているように
さまざまな限界が生じます
でもこれは致し方のないことです
信託銀行や法律家の専門家に相談しても、今までは「遺言書」だけが
ペットのための最善の策とされていました
だから「遺言書」でまかなえないことは致し方がないことと済まされてました
でも、ペットにしてみれば たまったものではありません
あなた自身にとっても本意ではないですよね

では、それはどういったものなのでしょうか
それは、あなたが生存中にさまざまな原因により
ペットの世話ができなくなってしまった場合のことです

従って、当事務所のご提案は、「遺言書」の限界を指摘するではなく
「遺言書」+α のαを、あなたの事情に応じてどのようにすればよいのか
という点を重視しています
「遺言書」+αで より最適なご提案を致します


ペットのための最善のご提案  →→→ こちらをクリック


次ページやで


終活カウンセラー上級インストラクターと動物法務士の資格を併せ持つ
国家資格者たる 行政書士 中道一成にお任せ下さい!
  <取扱業務>   <事務所案内>
 ・無料相談  ・代表挨拶・プロフィール
 ・遺言書の書き方  ・推薦の声
 ・相続手続き  ・報酬一覧表
 ・エンディングノート  ・ご依頼の流れ
 ・終活カウンセリング  
 ・おひとり様相続対策  ・サイトマップ
 ・ペットの相続  
 ・任意後見契約  
 ・事業承継  
 ・民事信託  
  
  総合サイト トップページ is7.jp

      ★アイエスセブンは貴方の街に即参上! お気軽にご相談下さい。

Copyright(C) 行政書士 中道一成 アイエスセブン法務事務所  All Rights Reserved.