トップ画像.jpg
トップページ プロフィール 推薦の声 報酬一覧表 ご依頼の流れ サイトマップ
無料相談
遺言
相続
ノート
終活
おひとり様
ペット
任意後見
事業承継
民事信託
戸籍取寄せ
ROBINS掲載事業者

ROBINSシールをクリックすると
サイトの運営者がわかります。
ROBINSは
法人、団体、個人事業者の
信頼性の高い情報
を提供します。
ROBINS権限者

当事務所は
ROBINS確認者権限を
有しています
このシールは
ROBINS確認者で
あることを証するものです
民事信託を活用した事業承継

  事業承継を円滑に行うための対策は講じられてますか?


■ 事業承継における民事信託の活用事例

事例           <事業承継を検討しているZ社>

          今期業績不調、純資産マイナス、
          来期以降は業績回復の見込み
          創業者Aは専務取締役である二男Dに
          将来Z社を継がせたいと考えているが、
          自分が存命の間は経営権を
          掌握しておきたい




          <解決案を検討>

          @案:遺言書を作成する。DにZ社株式をすべて相続させると記して
          A案:DにZ社普通株式を生前贈与する(議決権株式の譲渡)
                 但し、経営権は手放したくないので拒否権付種類株式
                 (いわゆる黄金株)を発行し、Aが保有しておく
          B案:Z社株式すべてを信託財産とし、A自らを受託者(=委託者)
                 とする自己信託を設定しておく。受益者はDとする
                 A相続開始を解除条件として信託契約を終了するよう定めることで、
                 Dは議決権行使が可となる




          <解決案の考察 〜 @案>
          @案:遺言書を作成する。DにZ社株式をすべて相続させると記して

          ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

          ● 遺言書はいつでも撤回可
              DはA相続開始までは本当に自分が後継者となるのか否か
              不安定な地位におかれることになる
          ● 相続税対策が必要になる可能性も
              A相続開始時点で、Z社の業績が良ければ株式評価も高くなり、
              相続税が多額となり、納税対策も必要となる
          ● 遺留分侵害と減殺請求
              B,Cからの遺留分減殺請求されるおそれもある
              株式をDに集中させられない場合にいたる可能性もあり、
              経営に支障をきたすかもしれない





          <解決案の考察 〜 A案>
          A案:DにZ社普通株式を生前贈与する(議決権株式の譲渡)
                 但し、経営権は手放したくないので拒否権付種類株式
                 (いわゆる黄金株)を発行し、Aが保有しておく


          ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

          ● 時期により贈与税が有利
              生前贈与は株式評価が低い時点で行うので、贈与税は少額ですむ
          ● 黄金株の発行も一案
              種類株式発行には株主総会特別決議が必要
              (但しAが100%保有なので本件の特別決議は容易)
              定款変更・商業登記を要する
          ● 但し、黄金株といえども
              Aにとって不利益な決議を拒否できるだけであり、
              積極的に会社の意思決定を行うことはできない



          <解決案の考察 〜 B案>


事例           B案:Z社株式すべて信託財産とし
                 A自らを受託者(=委託者)


          ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

          ● 自己信託にすることで
              自己信託設定にて、
              Z社株式はDの資産となり
              株主名簿に記載されるが、
              受託者Aの管理下に置くこと可
              株式評価が低い時点で
              AからDに贈与が可
          ● D死亡の場合をあらかじめ想定
              信託期間中にD死亡した場合、
              第二受益者としてCまたはBを
              予め指定しておくことにより、
              Dの配偶者や子に株式が流失
              することを防ぐことが可能である





上記事例は、ほんの一例です
事業承継に民事信託を取り入れた提案ができる専門家は
まだまだ少ないと思います

しかし、経営者の思いをかなり忠実に実現してくれるスキームですので
ぜひ、よりよい事業承継を実現されるためには、ご検討された方がいいと思います
その際は、当事務所にご相談いただければと思います

なお、事業承継を検討するにあたって
「事業承継計画書」の策定は必須です
もちろん、当事務所では 「事業承継計画書」の策定のサポートも致します

さて、「事業承継計画書」の記載例を中小企業庁のサイトで
見つけましたので、以下に参考掲載しておきます


事業承継計画書




■ 事業承継   >>前ページへ


終活カウンセラー上級インストラクターと動物法務士の資格を併せ持つ
国家資格者たる 行政書士 中道一成にお任せ下さい!
  <取扱業務>   <事務所案内>
 ・無料相談  ・代表挨拶・プロフィール
 ・遺言書の書き方  ・推薦の声
 ・相続手続き  ・報酬一覧表
 ・エンディングノート  ・ご依頼の流れ
 ・終活カウンセリング  
 ・おひとり様相続対策  ・サイトマップ
 ・ペットの相続  
 ・任意後見契約  
 ・事業承継  
 ・民事信託  
  
  総合サイト トップページ is7.jp

      ★アイエスセブンは貴方の街に即参上! お気軽にご相談下さい。

Copyright(C) 行政書士 中道一成 アイエスセブン法務事務所  All Rights Reserved.